料理

このお米ヤバくないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴のおかげ米を知っていますか?

南伊勢穂原地区に伝わる昔話では、鶴が稲穂を運んできて、この地へ稲穂を落としたことから、稲作が始まったとされています。 稲穂を運んだ路として名づけられたとされる鶴路山麓を流れる町内最大級の伊勢路川水系の伏流水、谷水を利用し、有機肥料90%以上で生産される品質評価値の高いものが「鶴のおかげ米」です。第一回南伊勢ブランド品の認定を取得しています。

三重県南伊勢町 鶴のおかげ米

その米に食らいつく

新米の鶴のおかげを頂いた。炊き上がりはふっくらしてて香り良しツヤ良し。ここまでは新米でなら当然クリアして欲しい所。ではではさっそくひとくちほうばると、ん? 何だこの米はめちゃくちゃ美味い!!
お米が甘くて粘りも程よく鼻を抜ける香は季節が感じとれる。一緒に食べた妻とも目が合いそして軽くうなずく。妙な言いまわしをすればご飯をおかずにご飯が食べれる程のレベルの高さ。どんなおかずが合うとかそういう事ではなくただただ米がうまい。こりゃ参りました。もっと早くに知っておきたかった逸米でした。

【うんちく】
新米には期間があり、8月~10月に収穫してその年いっぱいまで。
つまり、12月31日までが新米と呼べ新米シールを張ることができる。

お知らせ

鶴のおかげ米はこちらの販売店で購入できます。品切れになることもありますのでお買い求めの際はご確認をお願いいたします。
その他のイベントとして10月下旬頃よりみかん狩りも楽しめますので、ご家族やご友人と是非お越しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 特大エリンギを頂きました
  2. 伊勢海老漁始まりました
  3. マコモタケ 中華 料理 マコモダケ マコモ茸 真菰筍 竹の子 タケノコ マコモタケの中華風炒め
  4. 果実酒品評会 2020
  5. わが家のボケ担当は妻だった
  6. 北海道産ゆめぴりかを頂きました
  7. 舞子さんのおちょぼ口
  8. 旬のマコモタケを頂きました
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP